いいね!数

0

閲覧数
838

セキュリティ面でアクセスしているユーザ以外が参照できないようにする要件が高いため
選択式で@UserName とフィールド値を比べて限定して表示させ「ビューで共有(最初は個人)」を使って参照させています。
ところがこの選択式の条件を若干変えてビューを分けて増やした所。
ビュー切り替えタイミング時にNotesクライアントのハングアップが起こったり、おこらなかったりします。
選択式やビューの名前などいろいろ条件を変えてみたりして調整してみましたが多少安定する感触はあるものの不具合が起こらない状況にすることが出来ません。

いろいろ調べて見ました所、どうやらビューの索引が怪しい所まではわかりましたがどうすればいいのかという点では手詰まり状態です。
原因および何かいい回避策・解消策はないのでしょうか?

NSD.EXEでは以下のようなログが出ます。

C:\Notes>nsd.exe
WARNING (0): The NSD service is required on this operating system and must be in
stalled and started
            to enable NSD processing. Because of this requirement, the current N
SD log
            may contain errors, warnings and missing data. See nsd -help for mor
e
            information about installing NSD service using -svcinst and -svcstar
t options.

Host Name       :
User Name       :
Date            : Fri Jan 30 07:06:02 2015
Windows Dir     : C:\Windows
Arguments       : nsd.exe
NSD Version     : 9.0.12.4182 (Release 9.0.1FP2)
OS Version      : Windows/7 6.1 [64-bit] (Build 7601), PlatID=2, Service Pack 1
(4 Processors)
                        Running as 32-bit Windows application on 64-bit Windows
Build time      : Mon Aug  4 02:18:07 2014
Latest file mod : Wed Jul 02 15:06:06 2014


#### Got exception event: code=0xc0000005 (ACCESS_VIOLATION) from [ NLNOTES:  13
10:  0e20]
#### flags      = 0x0
#### Address    = 0x66506f91
#### Chain      = 0x0
#### 1st chance = YES
#### Access violation exception on read access to addr 0x201d181c
#### Got exception event: code=0xc0000005 (ACCESS_VIOLATION) from [ NLNOTES:  13
10:  0e20]
#### flags      = 0x0
#### Address    = 0x66506f91
#### Chain      = 0x0
#### 1st chance = NO
#### Access violation exception on read access to addr 0x201d181c
INFO (0): Faulting thread [ NLNOTES:  1310:  0e20]

WARNING (0): Remote drives were found, but not queried to minimize overhead. Spe
cify remote_drives=1 in the nsd.ini if you would like to collect this informatio
n.
ERROR (0): GetUdpStatistics() call failed with error = ffffffff

ERROR (0): GetTcpStatistics() call failed with error = ffffffff

ERROR (0): GetIcmpStatistics() call failed with error = ffffffff

Successfully detached from all processes


Started at: Fri Jan 30 07:06:02 2015
Ended   at: Fri Jan 30 07:06:18 2015
Time Spent: 00:00:16

Generated Messages:

   INFO (0): failed to match all of the Notes processes
   INFO (0): Rcplauncher returned success. Javacore was created successfully.

   INFO (0): Javacore c:\Notes\Data\workspace\logs\javacore.20150130.070605.4176
.0004.txt was created successfully.

   INFO (0): NSD found RCP Monitor Log c:\Notes\Data\workspace\logs\rcpmon.log
   INFO (0): Faulting thread [ NLNOTES:  1310:  0e20]
   INFO (0): Memcheck running stand-alone
   INFO (0): No Directory Listings for FT (none were open).
   WARNING (0): The NSD service is required on this operating system and must be
 installed and started
            to enable NSD processing. Because of this requirement, the current N
SD log
            may contain errors, warnings and missing data. See nsd -help for mor
e
            information about installing NSD service using -svcinst and -svcstar
t options.

   WARNING (0): object(-) is not a 0x970b (BLK_BSAFE_POOL) pool
   WARNING (0): Remote drives were found, but not queried to minimize overhead.
Specify remote_drives=1 in the nsd.ini if you would like to collect this informa
tion.
   ERROR (4): can't attach to process [ audiodg:  01b4] - (5) アクセスが拒否され
ました。
   ERROR (4): can't attach to process [ audiodg:  01b4] - (5) アクセスが拒否され
ました。
   ERROR (4): can't attach to process [ audiodg:  01b4] - (5) アクセスが拒否され
ました。
   ERROR (0): bad BPOOL block
   ERROR (0): GetUdpStatistics() call failed with error = ffffffff

   ERROR (0): GetTcpStatistics() call failed with error = ffffffff

   ERROR (0): GetIcmpStatistics() call failed with error = ffffffff

 

Please send the following files:

                NSD Log : c:\Notes\Data\IBM_TECHNICAL_SUPPORT\nsd_W32I_       _20
15_01_30@07_06_02.log
           Javacore log : c:\Notes\Data\workspace\logs\javacore.20150130.070605.
4176.0004.txt
             RCPMon Log : c:\Notes\Data\workspace\logs\rcpmon.log

C:\Notes>

サーバー情報: | クライアント情報: | 
カテゴリ:アプリ開発 - Notes アプリ | タグ:
  | 質問日時:Jan 30, 2015, 10:04:45 AM

回答・コメント

いいね!数

2

実際にどのような問題が起こっているかは、生成される NSD の内容を見てみないとなんともいえませんが、やろうとしていることに無理があるように感じます。

選択式で@UserName とフィールド値を比べて限定して表示させるとのことですが、これはユーザーがアクセスするたびにビューのインデックスの再構築が行われることになります。ビューを開くたびに思い処理が走ることになりますし、同じビューに同時に複数のユーザーがアクセスしたときに振る舞いも気になります。あまりよろしくない実装だと思います。

文書の読者フィールドにユーザー名を設定することで文書の表示・非表示の切替ができます。読者フィールドや編集者フィールドを使用してはいかがでしょうか?

回答日時:Jan 30, 2015, 10:38:27 AM

いいね!数

0

回答ありがとうございます、あらゆる原因を想定して少しずつ変えながら動作検証を行った所
ビューの列の式が複雑過ぎてハングアップしていることが判明しました。
よって列を減らす方向で対策を進めております。

なおご指摘の読者フィールドの件ですが、該当しているビューには読者フィールドをすでに使用しております。
なぜ、読者フィールドを使ってかつさらに@UserName とフィールド値を比べて限定して表示さているかと言いますとカテゴリーのないフラットなビューであればご指摘の通りですがカテゴリーを使ったビューだと読者フィールドを使ってもカテゴリーの▼の所だけが表示され、そこに出てくる合計の数値がかなりセキュリティテ的に見せたくない内容ですので非表示を徹底するためやむなく両方を使った次第です。

どうもありがとうございました。

回答日時:Jan 30, 2015, 3:36:37 PM

いいね!数

0

>カテゴリーを使ったビューだと読者フィールドを使ってもカテゴリーの▼の所だけが表示され、

>そこに出てくる合計の数値がかなりセキュリティテ的に見せたくない内容ですので非表示を徹底するためやむなく両方を使った次第です。

ビューのプロパティの設定で「空のカテゴリを表示しない」にチェックをすることで、見えなくなるはずです。

イメージにあっているか分かりませんが、試してみてください。

 

回答日時:Jan 30, 2015, 6:09:39 PM