いいね!数

0

閲覧数
59

いつもお世話になっております。

「XPages モバイルコントロールを使ったモバイルアプリケーション開発 (後編)」

https://www.ibm.com/developerworks/jp/ysl/library/lotus/y-lot-xpages-mobilecontrol-2/

の終わり頃の「図 19. Data View コントロールから文書ページを開くための設定」でビューページからフォームページを開く設定が記述されていますが、フォーム文書が「編集モード」で開きます。

こちらを「読み取り専用」で開きたいのですが、手順を教えて頂けませんでしょうか。

サーバー情報: | クライアント情報: | 
カテゴリ:アプリ開発 - XPages | タグ:
  | 質問日時:Oct 19, 2017 7:02:30 PM

回答・コメント

いいね!数

0

このサイトに出ている手順でアプリケーションを作っていくと、文書の編集はできないようになっていると思いますが、そういうことではないのでしょうか?

 

たとえば、

データソースを定義しているパネルの「読み取り専用」にチェックを入れれば、読み取り専用の状態になるかと思いますが、どうでしょうか?

回答日時:Oct 25, 2017 5:26:51 PM

いいね!数

0

ご回答、ありがとうございます。

どうやら私が使用している手順書(2017/08/23と印字されています)からチュートリアルが変更になっているようです。

気付くのが遅れ、申し訳ありません。

 

最新版のチュートリアルで試してみます。

 

ちなみにパネルを「読み取り専用」にすると新規作成時も読み取り専用になるようで、思う使い方にはできませんでした。

 

そもそもの質問に不備がありますので、一旦「解決」とさせて頂きます。

 

また不明な点がありましたら、ぜひお力をお貸しください。

回答日時:Oct 25, 2017 6:01:42 PM

いいね!数

0

完全に余談です。

 

> ちなみにパネルを「読み取り専用」にすると新規作成時も読み取り専用になるようで、思う使い方にはできませんでした。

 

この場合、データソースを定義したパネルの配下にパネルを定義します。

そのパネルに対して、読み取り専用のチェックを付けるのですが、そのままチェックするのではなく、

以下のような式にすると良いでしょう。

! document1.isNewNote()
※document1はデータソース名です。

これで新規の時は編集モードになりますし、既存文書の場合は読み取り専用になります。

どうしても編集モードにしたい場合は、スコープ変数にフラグを格納してそのフラグの値で読み取り専用のtrue/falseを制御するとよいでしょう。

回答日時:Oct 26, 2017 11:27:47 AM