前回に引き続き、IBM Domino Mobile Apps の検証結果の報告です。

今回は、IBM Mobile Apps の設計編として、式、LotusScript、Java のプログラムを実行した場合や埋め込みビューやフレームセットなどの設計要素について検証してみました。


検証環境

  • IBM Domino Mobile Apps 1.0.0
  • サーバー:Domino 9.0.1 FP10
  • 端末:iPad Pro 10.5インチ

 

2. 設計

確認項目

結果

2-1. 式、LotusScript

ほぼ〇

2-2. 埋め込みビュー

2-3. ユーザーの別名を取得

2-4. フレームセットで複数のアプリケーションを開く

2-5. アクションホットスポット

2-6. 埋め込みスケジューラー

2-7. 日付ピッカー

2-8. 環境変数(NOTES.INI ?)への値の設定・取得

2-9. フレームセットのフレームに WEB ページを表示

×

2-10. JAVA

×

 

2-1. 式、LotusScript → ほぼ〇

いくつかのアプリケーション(標準テンプレートのリソース予約やディスカッション、独自開発を含む)を操作してみましたが、特に問題は確認できませんでした。

制限事項(ローカルファイルへのアクセスなど)はあるので動作確認は必要ですが、改修なしでも既存アプリケーションが動くことが期待できます。

 

2-2.埋め込みビュー → 〇

便利な埋め込みビューですが、iPad でも利用できました。「単一カテゴリの表示」機能も問題ないようです。


 

2-3.ユーザーの別名を取得 → 〇

@UserName(1) で別名が取得できることを確認しました。

 

2-4.フレームセットで複数のアプリケーションを開く → 〇

下図のようにフレームセットで複数のアプリケーションを開くことができました。

 

2-5.アクションホットスポット → 〇

記述された式を実行することができました。

 

例1:@Command([OpenFrameset];"fsPortal2")

例2:@URLOpen("https://www.google.co.jp/")

※ Safari が開きます。

 

2-6.埋め込みスケジューラー → 〇

表示が小さいため操作に難ありですが、予約あり/空き時間は表示されました。

 

2-7.日付ピッカー → 〇

ノーツクライアントと同様に、日付ピッカーで選択した日付にカレンダービューが連動して切り替わりました。

 

2-8.環境変数(NOTES.INI ?)への値の設定・取得 → 〇

notes.ini は直接確認することはできませんでしたが、環境変数へ値を設定・取得する式を実行したところ保存・表示できました。notes.ini またはそれに代わるものがあるのでしょうか?

設定:@SetEnvironment("v1";"Hello World");

取得:@Environment("v1");

 

2-9.フレームセットのフレームに WEB ページを表示 → ×

エラーが表示されました。

 

2-10.JAVA → ×

Java はサポートされていません。

Java のスクリプトライブラリがあるアプリケーションを開くと下図の警告が表示されました。

 

また、Java アプレットを貼り付けたフォームを開いた時は下図のようにアプレットが表示されませんでした。


 
左:ノーツクライアントで開いた場合

右:iPad で開いた場合

 

まとめ

今回は、IBM Domino Mobile Apps の言語や設計要素の動作確認結果についてご紹介しました。

次回は、全文検索や返答文書の作成、プレビュー、表などの機能についての予定です。